CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
バスケットのレヴェル…  キャブスに続きウォリアーズに敗北
98 ウォリアーズ 対 サンズ 80

同じパシフィック地区なんですが、
バスケットボールのレベルが全然違いました。
46対46の同点でハーフを迎えましたが、
大量点差がつくのが、後ろにずれ込んだだけでした。

後半はカリーたんの独壇場でした。
コーナーから体勢を崩しながら決めた後には、
長座の状態で腕を組み、
その腕をブンブンと上下してみせるという、あおり芸。

それもこれもサンズのイケテなさが原因なのですが…
コロさんによると、
2試合連続で、最初の3Qのうち2Qで20点未満、
80点以下、FG成功率40%未満は過去6試合で3試合目

ファストブレイクの得点は、0点だったキャブス戦に続き
第4Q残り1分37秒までなし。

8点だったタッカーは
「厳しい。自分たちでそういう状況を作っている。
ボールをちゃんと回せていないから難しいショットを強いられ、
そうなると当然、シュート決めることができない」と分析。

FG1/8で4点と絶不調だったキーフは、
「全然違うチームだ、メーン。
アイザイアとドラギッチで毎試合30点を計算できたが
トレードの後、それがなくなったんだ。
どうにかして埋め合わせする方法を見つけないと」

第1の得点源のブレッドソーは19得点をマークしましたが、
アシストは3、ターンオーバー6
過去4試合で23ターンオーバーって多すぎません?
いいプレーよりも、肝心なところでミスしている記憶。
チームを引っ張っている感じがしないのが残念!

ブレッドソーに続く得点源のナイト君は
今日は好調でしたが、足をひどくねんざし負傷退場。
自力で歩けなかったので、
次のウルブス戦は厳しいかもしれません。

グリーンは今日もひどかったですね。
スランプに突入してから1カ月くらいになるのでは…

おかげでウォレンが台頭してきそうなのは、うれしい誤算です。
今日は23分で11得点。
グッドウィンとのコンビがなかなかいいので、
次の試合でも一緒に出してほしいなー。

話は変わって、
今日、開かずのスーツケースを開けてみたところ
お宝が出てきました−。



15年ほど前に当時まだレイカーズでプレーしていた
ブライアン・ショーにもらった直筆サイン。
メキシカンの恵まれない家庭の子どもたちに
でかい船でフィッシングを体験させるというプログラムがあり、
どういう経緯か釣り好きのショーが個人的に参加することになり
それを聞きつけた当時レイカーズファンの私は、主催者に頼み込み
ボランティアスタッフとして、そのイベントに参加したのです。
緊張しながら、もらったサインです。
とっても物静かな方でした〜。

当時、同じくレイカーズだった
サマキ・ウォーカーとリンジー・ハンターも
同じ回か、次の回に来てくれました。(記憶曖昧)
今考えても、超貴重な体験でしたなあ。
| サンズのこと | 00:55 | comments(1) | - |
スリー22本連続失敗、延長戦でネッツ制し2連勝
108 サンズ 対 ネッツ 100 (延長戦)

どうにかこうにか、
泥土を這いつくばりながらも、2連勝

サンズ以上にシュートが決まらないネッツに
第4Qは中盤に91対76のリードを奪われながらも
16対1の反撃で締めくくり
延長戦では久々に力強いプレーを見せました。

今日もなかなかアグリーな試合で
スリーポイントシュートは
ティップオフから連続22本ミス。
ブレッドソーのTO頻発など
途中は白目の時間帯が続きましたが
とりあえず今は勝利が大事だぜーってことで。

8位のOKCとの差は1.5ゲーム。
この先、デュラントも戻ってくるし、
今のサンズのチーム状況で
PO圏内に滑り込むチャンスなどあるのかと
内心はとっても懐疑的ですが、
どう転ぶかワカラナイノデ希望はモチツヅケルヨ。

しっかし、第4Q終了時に
ジャレット.ジャックがブザビを狙ったときは
「サンズ、また逝った…」と思いましたが、
今回はなんとかサヴァイブしましたね。ひゅ〜。

ブレッドソーは、「僅差の試合で
勝つようになることは分かっていた」的なことを
試合後に話していましたが、
とりあえず、君はPGにあるまじき
行き当たりばったりの無慈悲なパスを
やめてほしいよ、まったく。
今日は7TOです。

明日は連戦でキャブス戦。(怖)
レンは、足首をねんざし
明日の出場は微妙っぽいそう。
グリーンが最近はまったく噛み合ってないので
久々に爆発してほしいです。
キャブスの連戦なので負けずに勝て!
ゴーサンズ!
 
| サンズのこと | 00:10 | comments(2) | - |
ドラギッチと移籍後初対決、ヒートに敗戦
98 サンズ 対 ヒート 115

たはっ…。
ドラギッチ移籍から、わずか2週間ほど。
すでに波乱含みだったヒート戦は
予想以上の荒れた展開になりました。

キーフのドラギッチへのハードファウルが
なんとフレグラントファウル2と判定され一発退場。

さらにゴール下でもみ合ったレンとホワイトサイドが
レスリングをおっぱじめてケンカ両成敗で2人とも退場。
(ツイッターのTLがホワイトサイドのタックルを
称賛するツイートで埋まるという事態に!)

第3Qが荒れ荒れで、めっちゃ時間長かったなー。

当然、サンズの試合の出来も、なかなかひどかったです。
オフェンスが噛み合っておらず、つねに単発の攻撃。
パスも危なっかしくて、
弱いチーム特有の雑なプレーが多かったです。
守備もあいかわらず、おもてなし上手よ。
サンズはついに31勝30敗と貯金1になりました。(゜◇゜)

それに引き替えドラギッチの輝いていたこと。
序盤からファウルトラブルに陥ったのに
プレー時間14分で、なんと21得点!!
フリースローは全9本成功!?
サンズでの役割に不満で飛び出していった子は
ヒートで元気にやっていました。
うれしいけど、さみしい。

キーフにファウルを受け倒れた後は
兄貴分のウェイドに肩を組まれながら
なにやら親しげにベンチに戻っていきましたよ。

ドラギッチは試合後、ヒートの仲間に、
勝利の誕生日プレゼントをありがとうと
お礼を言っていましたが、
あなたの誕生日は5月6日ですからー。

「リズムに乗れず、序盤にファウルトラブルに陥った。
14分間しかプレーをできなかったけど、
やる気満々だった。仲間が僕のために奮起し
いいプレーをしてくれた。
すごくフィジカルなゲームだった」

「(サンズの)チームメートや
コーチ を恨む気持ちはない。
ただフロントのコメントには傷ついた。
でも自分はプロなのだから、
コート外ではなくコートの上で戦っていく」

次は現地4日のマジック戦。
ここ最近、格下のチームにも余裕で負けているので
安心できるチームなどどこにもありません。
とりあえず、あのOKC戦のような
闘志むき出しのプレーを見せてほしい。ゴーサンズ!

 
| サンズのこと | 00:22 | comments(0) | - |
スパーズに惨敗、前半は球団史上最低点の24点…
101 スパーズ 対 サンズ 74

ああ、今日はあこがれの12時間睡眠をやっちまったー!
あれも、これも、サンズがひどい試合をしたせいにしちまえ。

サンズ番記者のコロさんによると
サンズはリーグ3番目のハイスコアリングチームですが
前半の24点はハーフの得点で球団史上最低。
同じく前半のFG成功は48本中8本で18.6%。
最後まで見るのはかなりの苦行でした。

この試合よりも注目を浴びたのがモリス兄弟の発言でした。
ホームなのにホームコートアドバンテージを感じないと
ファンに苦言を呈したのです。

具体的には
「毎試合勝てるわけではない。
だからこそファンのサポートが必要。
今年は、これまでのようには
ファンの支援を感じない」

「たくさんの試合で勝つためにも
ファンのパワーが必要」

「熱心なサンズファンはいるけれども、
今日はサンズファンよりスパーズファンのほうが
多いと感じるときが多かった」

「(盛り上がるプレーがあった後)
ファンを立たせるために15回も
手を振らないといけない。
自分たちはハートと魂でもってコートに立ち
プレーオフ進出をかけ戦っている。
プレーオフに出て、この球団、この街に
かつての栄光を取り戻そうとしているのに
そんな扱いはフェアじゃないよ」

「エンド1をもらっても、観客は座りっぱなし。
まるで、オレたちがプレーオフのために
戦っていないかのようだよ」

などなど、もっともっとたくさんしゃべっているし、
ツイッターにもコメントを挙げていましたね。
(このブログってツイッターをアップロードできないのね)

モリス兄弟のファン批判は、
確かに最悪なタイミングだったと思います。

ここ最近、負け続きで、
しかも散々な試合をしたあとですからね。

不適切な発言だ!など、賛否両論あると思いますが
個人的に、モリス兄弟の気持ちすっごく分かります。
ロッカールームでインタビューを受けている
キーフの悲しくて、残念で、やるせない気持ちが
ドワーッっと私の心に入ってきましたよ。

いつもツイッターに#FOE(ファミリーが最優先)や
#TOE(チーム最優先)とコメントする
キーフらしい発言だと思いました。

サンズのファンって、どこかシラッとしているというか
熱狂的ではない印象です。
他のチームのファンの方が多いのではないかと
思う試合も、結構、多いです。

アリゾナリパブリックでは、モリス兄弟のコメントを受け
こんな記事が載っていました。

簡単にいうと、「黙って、プレーしろ」
「ファンは金を払っている客。
何かを強いられる筋合いはない。
一方、選手は給料をもらってプレーする。
しかも、モリス兄弟の場合は、高給取りだ。

ファンのサポートが欲しいなら、勝て。

尊敬され、感謝される選手になりたかったら
2つのことをしろ。

プレー、そしてしばらく黙ってろ。」

「勝つから応援する」、「応援があるから勝てる」
卵が先か、鶏が先かみたいな話ですが、
応援も勝利もどっちも大切で、
ファンとチームがひとつになって
盛り上げていくのが理想です。

でも、弱くてもファンが熱狂的なチームもあります。
キングスなんか弱いけど、ファンが熱烈ですし、
シアトル移転の話だって決まりかけたのに、
逆転勝利の形で残留させたんですからね。

ウォリアーズも、今でこそ強いけど、
プレーオフ不出場の頃もファンが熱狂的だった印象です。

サンズファンブログの
「ブライト・サイド・オブ・ザ・サン」で多かった意見は、
フェニックスのファンは
どのスポーツでも熱狂的ではないというものでした。

私なんかは、せっかく自分の州に
応援すべき素晴らしいNBAのチームがあるのに、
もったいないなーと思うのです。

NBAのオーナーを目指しているという
元ライブドアの熊谷さんにサンズを買収してもらって
日本に本拠地を移しちゃうぞ!
| サンズのこと | 02:38 | comments(0) | - |
延長戦でOKC制す!
113 サンダー 対 サンズ 117 (延長戦)

ついに接戦で勝ったどー!!
しかも全国放送で、OKCに!
サンズ番記者コロさんによると
延長戦の連敗を4でストップです。
久々の心臓系ゲームでしたが、
グッドウィン(^ω^)で最高の気分です。ひゃっほい。

サンズは、第4Q残り1分半の4点リードを
あっという間に同点に追いつかれました。
私:「やっぱりな…」と遠い目をしていたら
キーフが劇的な3点プレーを決め祝勝ムード!
しかし、オールスターMVPのウェストブルックが
そのあとにお返しの3点プレーで延長戦へ(白目)。
普段なら、ここで緊張の糸が切れ雪崩式に崩れるサンズですが、
今日は気合いに満ち満ちていました。
延長戦では3分半の間、OKCをぴしゃりとシャットアウト。
グッドウィン(^ω^)で2連勝です!

28得点、自己最多13リバウンド、9アシストで
あと一歩でトリプルダブルだったブレッドソーは
「勝ちたかった、それもチームとして勝ちたかった。
自分は今、より大きな責任を背負っていると感じている。
その肩の荷の多くをB(ナイト)とキーフが下ろしてくれた」

延長戦の最後の方は、
ボール持ちまくりだったような気がしますが、
責任感があふれ出ちゃったかな?

タッカーは「チームにとってこの勝利は大きい。
これまで、延長戦やブザビで多くの試合を落としてきた。
今日は相手の猛攻を食らっても、
みんなが一丸となって戦った」と話していました。
今日は全国放送だからか、
ウエスト9位のOKCとの直接対決だからか、
久々にサンズから覇気を感じました。

ブレッドソーばかりが注目されますが、
キーフは、なにげに29点、11リバウンドを挙げています。
第4Q終わりの3点プレーを決めたとき
「ヒ」ってなっててかわいかったなー。
いまや、ミスター第4Qはキーフですよ。

それにしても、負けたとはいえ、
やはりウェストブルックは異次元でしたね。
39点、14リバウンド、11アシスト。
FG試投数が38本と、これも異常な数字ですが、
終盤の存在感はやっぱり強烈でした。
ラストで足を痛めていましたが、
次戦に響かないといいのですが…

そういえば、
ヒートに中国帰りのビーズリーが戻ってくるそうで。
とりあえず10日間契約らしいですが、
「このチャンスをありがたく思います」的な
謙虚なコメントを出していました。
ドラギッチは「ゲッ…」と思っていないでしょうか。
ドラチッチもヒートに行ってから楽しそうで何よりです。
 
| サンズのこと | 01:01 | comments(1) | - |
<< | 2/4PAGES | >>