CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
クリッパーズに敗れ5連敗で今季終了…
112 クリッパーズ 対 サンズ 101

勝てば第3シード以上が決まるクリッパーズとの対戦は
ハーフタイムを43対69のビハインドで終えると
第3Qに30点差をつけられるほぼ一方的な展開で
サンズが敗れました。
得点だけ見れば、いい勝負をしたように見えるんだけど。

シーズン最後の11戦中10敗は、
球団1年目の1968−69シーズン以来となる
最悪のシーズンの終わり方だそうです。
当時は12戦中11敗でした。
今季は結局負け越しで終わりました。残念!

第1と第3の得点源をトレードで放出した後半は、
当然、得点がとれなくなってしまい
しかも戦力をたくさん放出しすぎて
シーズン途中に仕切り直しを迫られ、
一気にいろいろなことが機能しなくなった印象です。
なんか、同じことを毎回いってる気がするわん。

期待していたのに、
マク殿ったらチーム作り下手すぎですよ。

でもそんな中で
ウォレン、グッドウィン、レンの成長が見れたのは収穫でした。
サンズの希望の光だわ〜、ほんと。

結局、ドラギッチ騒動に巻き込まれて放出された
セルティックスのアイザイア
バックスのプラムリ兄、エニスはPO進出。
本当によかったと思います。

ホナセックは
「できることは、来季を楽しみに待つことだけ」と
いってましたけど、来季もホナなのかな。
契約はあと1年で、その次はチームオプションです。

ドソー1人の力ではどうにもならず、
今のチームでは来季も勝てないことが分かったので
誰かパンチのある選手がほしいですね〜。
ゲームメーカーと大きい人。あとベテラン。
誰かくれ〜。
| サンズのこと | 22:57 | comments(2) | - |
マブスに惜敗、ついにPO不出場が決定
104 サンズ 対 マブス 107

今日マブスに敗れた結果、ついに順位表にPO不出場が決定しました。
オールスター明け後は大失速でしたから
遅かれ早かれ、この日が来ることは分かっていましたが、
実際にそうなるとガックリですねえ…;;

ロケッツ、マブスにせっかく勝った後で、
5連敗を喫したのが痛かったです。
せっかくOKCも足踏みしてくれていたのになあ。

今季は本当にPOにいけると思ってました。
1月か12月、ドラギッチがロッカールームで
「今季の目標はこのメンバーでPOに出ること」
と言っていたときには、
「えー、そんな謙虚な目標でいいの?」
って思ってましたから。

今日はマブス相手にいい勝負をしましたが、
勝負どころで判断の悪さや、
いつものバタバタ感が出てしまいました。
一方でマブスは、ノビツキーが終盤の重要な場面で
スリーポイントシュートを決めたりと
さすがの活躍を披露。
WOWOWの解説者の佐々木クリスさんも
接戦の終盤で安心してボールを預けられる
ノビとエリスがいるのは大きいと言っていました。

これで球団ワースト記録に並ぶ5年連続PO不出場。
サンズの低迷期まっただ中にいますね。
まだシーズンは終わっていないですが、
バビーはマク殿とホナホナをどうするのでしょう。

ドソーも期待ほどの活躍ができず
今はちょっと手詰まり感しかないという。
ナイトも足首の故障が続いて、
トレード後は運がなかったですね、残念。
若者たちの躍進が、唯一の光でした。
来季は、とにかく
大きい人とゲームメーカーとベテランがほしいなあ。

家族が第一のモリス兄弟も
お母さんがらみの男性への暴行の疑いがあったり
どうなっちゃうんでしょう。

最後の数試合も気持ちを切らさず
しっかりプレーしてほしいものです。
ゴーサンズ!
 
| サンズのこと | 22:35 | comments(2) | - |
ついにこの日が… ナッシュ引退表明;;
腰の故障で今季全休を発表していた我らがナッシュが
現地21日、現役引退を表明しました。

朝起きてスマホにNBAからのお知らせがある場合
だいたいあまり良くないニュースで、
最近ではKDの今季絶望の可能性のニュースでした。
今日は何だろうと恐る恐る見たら、
MVP2回のナッシュが引退を表明という内容でした。

今季が契約最終年なので、
恐らく引退をするだろうとは思っていましたが、
やっぱり現実になると、とてもさみしいです。

この10年でサンズファンになった人は
ナッシュきっかけの方が多いと思うのですが、
私もその1人です。

ナッシュを知ったのはマブス時代ですが、
その頃、私は、どっぷりレイカーズだったので、
「なんだこの凸凹コンビは、うますぎてむかつく」と
ナッシュ&ノビツキーのことを思っていました。
敵だけど、この人のプレーから目が離せない、
くやしい選手だなと思った記憶があります。

それから何年か月日がたって、
久々にNBAを見だしたのが2008−09シーズン。
そこで、ナッシュにはまり、サンズにはまり、
今に至ります。

ナッシュの針の穴を通すようなパス、
そしてノールックパス
アマレとのピッケンロー、
Jリッチへのアリウープパス、
ドラギッチに受け継がれたゴール下ぐるぐる
パスするかと思いきや自らドライブしてゴール
パスするかと思いきや自らナッシングバッネッ!のスリー
手をベロベロしてからのフリースロー
フロントコートへドリブルしながらのサイン出し
顔面流血してもプレー続投の男気キャプテンカナダ
チームメートを出演させてのおもしろ動画作成
なんか、もっといっぱいあるけど、
いっぱいありすぎて書き切れません。

ナッシュは引退表明の手記で、
いままでお世話になったコーチやチームメートに
感謝の言葉を述べていますね。

例えばアマレには
「大きな手と俊足を兼ね備えたビッグマンで
時に自分を芸術家のように見せてくれた、
ありがとう」

通算10年間在籍したサンズには
「自分の時代に、サンズのファンを
優勝させてあげられなかったことについて
これからも胸を痛め続けるだろう」
「確かにツイてなかったこともあったが、
それでも振り返って考える。
もう1本シュートを決めていたら、
ターンオーバーが1つ少なかったら
もっとパスを出せていたらと。
でも後悔はしていない。
アリーナはいつもソールドアウトで
揺れ動いていた。
人生の最高の時だった。
ありがとう、フェニックス」

ああ、ナッシュ、こちらこそありがとう。
ナッシュのプレーには
いつもワクワクさせられました。
引退後はきっとNBAの仕事には携わらないと思うけど、
スーパーバイザー的な役割でもなんでもいいから、
サンズとつながっていてほしいなあと思います。

| サンズのこと | 01:10 | comments(1) | - |
ペリカンズとの直接対決に薄氷の勝利
72 ペリカンズ 対 サンズ 74

醜さフルマックスな試合でしたが、
ペリカンズとの直接対決を何とか制しました。

両軍ともに複数の先発を欠いた試合で、
FG成功率はどっちのチームとも30%台。
サンズの勝ち試合においては
FG34.9%はこの13年間で最低、
74点は球団史上最低タイだそうです。

前半はターンオーバーも少なめで
割と締まった試合だったのですが、
後半からシュートがさらに落ちだし、
第3Qはわずか12得点!? ( ̄0 ̄)
(よく勝てたなあ、おい…)
いつものパターンでズルズル負けそうでしたが、
そこで最近好調のライトが奮起してくれました。

今日はチームメートがFG29%のところ、
10本中8本を決めて、さらに自己最多の7ブロックを記録。
ADが欠場、アシックもケガで途中からいなくなったり
ペリカンズのインサイドが手薄になったところにつけこみ、
リバウンドでも頑張ってくれました。

ライトは「1960年代の昔のゲームのようだった。
何とかやり遂げることができた。
サンズは、そういうチームだとあまり思われていないから、
勝ててうれしいよ」

ライトの、あまり表情を変えずに
仕事をこなすところが結構好きです。
ウォレンにもそれは言えるのですが。

攻撃で、もっとライトを起点として使ってほしいんですが、
サンズはハーフコートオフェンスで棒立ちになり
ボールが回らずに結局1対1の単発に終始する印象です。
最近は特に。
ブレッドソーはプレーメークできないなあと思います。

その70ミリオン男のブレッドソーですが、
今日はひどかった。
FG成功が2/15で、5得点、
フリースローも2本しかもらえず、
PGのくせにアシストがたった2本ってなんだよ。
(`ヘ´) プンプン。
でもディフェンスは11個とったね。

最近はグッドウィンを見ているほうが楽しいぞー。

次はロケッツです。
ハーデンがキャリアハイの50点を出しました。
早くも、戦戦恐恐でございます。

************************************
うちの猫をモチーフにコースターを作ってみたよ。
| サンズのこと | 01:16 | comments(1) | - |
ウォレン覚醒、キャリアハイ17得点、ウルブズにも勝ったよ
97 ウルブズ 対 サンズ 106

サンズの未来こと、TJ・ウォレンが
18分間でキャリアハイの17得点!!
無口な彼ですが、プレーには
ゴール下なら任せろと自信がみなぎっていました。
(YouTubeが右っ側にびよーんとはみ出すぎている!)


インサイドで存在感を増してきている
ブランダン・ライッも最近お気に入りです。
| サンズのこと | 23:01 | comments(0) | - |
| 1/4PAGES | >>